medinew.jp
表紙に100案!? 妥協しないフリーペーパー 「ヘルス・グラフィックマガジン」 | Medinew [メディニュー]
今年で創刊9年目、全国600拠点で配布。年4回の季刊誌として毎号発行部数は15万部。これはどこかの出版社の話ではなく、アイセイ薬局という調剤薬局が発行するフリーペーパー「ヘルス・グラフィックマガジン」の話です。 毎号ひとつの症状や病にスポットライトを当て、わかりやすく解説するこの冊子は、2015年にはグッドデザイン賞を受賞するなどデザイン面でも高く評価されています。今回は2代目編集長として制作の舵をとるアイセイ薬局の門田伊三男さんにお話をうかがい、「ヘルス・グラフィックマガジン」誕生の背景や制作の裏側をたっぷりと教えてもらいました。 地域医療のハブのような存在になりたい 御社がフリーペーパーとして発行する「ヘルス・グラフィックマガジン」はどのような冊子ですか? 門田 毎号ひとつの病気や症状にフォーカスして、ビジュアルを交えて解説するフリーペーパーです。2010年に創刊し、今年で9年目。9月に出た号でVol.35となりました。全国に約360店舗あるアイセイ薬局をはじめ、スポーツクラブや図書館などにも置いていただいており、合計600拠点くらいで配布しています。また、Webサイトでも閲覧でき、有料ですが定期購読サービスも行っています。 ビジュアルにインパクトがあり、読み物としても非常に面白いです。最新の医療情報も掲載されていて内容も濃いですね。どのようなきっかけで生まれたのですか? 門田 ご存知の通り、調剤薬局は病院からの処方箋を持ってお薬を受け取りに行く場所です。患者さまはそれ以上の期待もしていないし、そういうところだと認識している方も多いかもしれないですが、薬局としては「患者さまや地域の皆さまの健康を応援したい」という思いがあります。そのため、店舗では健康チェックなどのイベントを以前から定期的に行っており、その一環でヘルスケアに関する健康情報を冊子にして発信してはどうか、という話が出て本冊子を創刊しました。つまり、薬局として患者さまとしっかり向き合い、「地域医療のハブのような存在になりたい」という思いからはじまったのです。 正方形という独特の形が魅力的ですね。