medinew.jp
月間150万PV。「治験」と「患者さん」をつなぐがん情報 サイト 『オンコロ』 | Medinew [メディニュー]
がん情報サイト「オンコロ」は、オンコロジー(腫瘍学)をテーマにして、最良のがん医療に繋がる研究、治験や臨床試験、がんに関する様々な診療・治療情報などを配信するがん情報ポータルサイト。 2019年5月で5年目を迎えたがん情報サイト「オンコロ」。今回はこのサイトの立ち上げに携わった、3Hメディソリューションの可知健太さんにお話をうかがいました。 患者目線に立ったオンコロジー情報を幅広く提供するこのサイトは、患者さんやご家族、医療従事者や製薬企業などを中心に、月に150万PVを超えるなど高い知名度を誇っています。セミナーなども数多く手がけ、がん患者さんやドクターとの関わりも深いなど、独自の展開を見せています。今回、サイト設立の背景やこれまでの軌跡をうかがうと、「オンコロ」が多くの患者さんに評価されている理由が、明らかになりました。 『オンコロ』は、ひとつの「活動体」だと感じています。 まずは、がん情報サイト「オンコロ」がどのようなサイトなのか教えていただけますか? 可知 「オンコロ」は3Hメディソリューションが運営するWebサイトで、おもに患者さんやご家族の方に向けて、がん医療情報を発信しています。サイトには、治験や臨床試験を中心とした情報を掲載し、治験について相談できる「治験お問合せ窓口」という役割も担っています。 サイトを拝見すると、Webメディアでありながらリアルでのイベントも豊富であることに驚きました。どのくらいのペースで、セミナーなどを開催されているのですか? 可知 がん患者さんに向けたセミナーを毎週のように行っていますね。年間で考えると相当数のイベントをやっています。「がん患者さんが集まる」というのもこのサイトの特徴です。こういったセミナーを行うことで、患者さんからサイト運営に関する貴重な意見を得られるという大きなメリットが生まれます。 また、「オンコロ」にはコンタクトセンターもあり、そこでも患者さんをはじめご家族の方の声を聞くことができます。さらに、これに加えドクターやメーカーの声も聞きながらさまざまな活動を行っているため、私は「オンコロ」をただ一方的に情報発信するだけのウェブサイトとは思っていません。がんに関する課題を解決するひとつの「活動体」だと考えています。