medinew.jp
リアルワールドエビデンス(RWE)&データを活かす!有用な情報から実際のアクションまで eyeforpharma社主催ウェビナーの要旨 | Medinew [メディニュー]
2019年1月22日に開催したウェビナー(eyeforpharma社主催)にて、学界、製薬企業のリアルワールドエビデンス・データのエキスパート(東京大学、中外製薬社、塩野義製薬社、グラクソ・スミスクライン社より医療ビッグデータ活用の第一線でご活躍されている4名の皆様)にご講演をいただき、820名を超えるオーディエンスの皆様にご出席いただきました。議論の要旨についてレポートとしてまとめましたので、読者の皆様に提供いたします。 本ウェビナーでは業界内で重要課題として挙げられる下記の4つのテーマを取り上げました。 「Fit for purpose:目的に応じて必要になるデータと、そのデータを評価するためのフレームワークとは」 「患者データにアクセスする上でのハードル、リスクの明確化と解決策について」 「RWEからどのように患者さんのQOLに関する情報を収集するか」 「RWEの利活用ができる人材の育成をどのようにすべきか」 またオーディエンスの皆様への質問「RWEそしてデータの潜在的な可能性を実際のビジネス機会に繋げるために最も必要なものは何か」では人材の確保/教育が大切と回答された方が最も高く、前頼の30%の方が選択する結果になりました。その他、 疫学的な視点でのデータベース選択の際に検討すべき項目個人情報保護法・倫理指針の理解・解釈からくる混乱医療情報に対する匿名加工情報の重要度の高さ、匿名加工の変質の度合いの変化人材育成の際に着目する3つの役割、社内外トレーニングの事例 についても知見が共有されました。改めてご講演いただきました4名の皆様に深謝申し上げます。 ご講演者様の了承の上、本レポートを皆様に公開いたします。本レポートは弊社のカンファレンスを体験していただく『トライアル版』にあたります。ぜひ、実際のカンファレンスで講演者の皆様の熱意に触れ、直接対話・議論に参加する機会としてeyeforpharma Japan 2019