me-explorer.com
NYマンハッタンの絶景が見れる!フェリーで行くガバナーズ島 |
ニューヨークの冬は長くて厳しいですが、春・夏はカラッとしていて過ごしやすい気候です。3月の終わりから4月の始め頃の雪解け、冬眠明けのリスたちと共に、たくさんの人が日光浴やおでかけを楽しむ季節になります。4月はまだ寒い日も目立ちますが、5月に入ると薄い上着だけを軽く羽織って外出できるので、本格的に行楽シーズンとなります。この時期になると、外でのアクティビティも増え、イベントも目白押しです。 本日は行楽シーズンにオススメの、毎年5月~10月の初旬にのみオープンしているガバナーズアイランドについてご紹介します。(2017年は5/1~10/1) 目次 ガバナーズ島とは ガバナーズ島への行き方 ガバナーズ島の魅力 ガバナーズ島とは ガバナーズ島はマンハッタンの南東にある小さい島です。かつてはアメリカ陸軍駐屯地として使われたり、その後はアメリカ沿岸警備隊に使用されていたりしました。2003年にニューヨーク市に$1で譲渡され、現在は国立公園として運営されており一般公開されるようになりました。 ガバナーズ島への行き方 ①ガバナーズ島専用フェリー シーズン中、ガバナーズ島への専用フェリーがマンハッタンの南端にあるBattery Maritime Building(BMB)とブルックリン・ブリッジ・パークのPeir 6から出ています。 土日の午前11:30までは、料金は無料。平日は、往復、大人$2、13歳未満の子供無料です。また、自転車と一緒に搭乗することもできます。(混雑時は制限あり。料金は無料) Battery Maritime Building(BMB) のウェブサイト: チケットは当日、直接乗り場で購入することもできますし、事前にNew York Waterwaysのウェブサイトかアプリにて購入することができます。ウェブサイトかアプリで購入の際は、メールアドレスを登録してアカウントを作成する必要があります。 ※メモ:BMBのサイトに、事前チケットはWaterwaysのウェブサイトでも購入可能と記載があるのですが、チケット購入画面にガバナーズ島の名前が出て来ず、購入できませんでした。(2017/5/30)