mameblack.com
自分を「かわいそう」だと思う人生を送るのは、悲しすぎるかもしれない。 | | 31歳、イギリスで仕事しながら、生きがいを見つけたい。
ボクは自分のことを可哀想だと思っている。 家族に恵まれていないと。 高校生のとき、ひょんなことから、こんなことを言われた。 「どんなに親が嫌いでも、子どもは親を選んで生まれてくるんだよ」と。 その時、横には立っていた母がボクを見て、笑っていたのを今でも覚えている。 なんとなく負けた、という感情を抱いたのも覚えている。 小さいころから、酒乱の父に殴られ、殴られ続けた母のストレス解消に殴られ。