mameblack.com
自分とは異なるものを排除する悲しい人間として生きていくのか。 |
イギリスにいる身としては、海外で排除されたら、本当に恐怖でしかないと思います。 日本にいたら、想像して「嫌だなー」くらいで終わるかもしれませんが。 周りは英語ネイティブだらけで、無視されて、働くことも、買い物することも出来なくなったら......たぶん家も追い出されて、死ぬしかないのでは? あー怖い、怖すぎる。 なんで急に、こんなことを書いたかといえば、以下の記事をTwitterで見かけたから。 なんで自分と出身が違うだけのクラスメイトを受け入れることができないんだろうか。/川口市の小学校、学校ぐるみで"クルド人少女のイジメ事件"隠し | ハーバービジネスオンライン @hboljpさんから — Mame Kusakabe@programmer (@MameMrm) 2019年5月2日 別に何かされたわけでもないのに、人種が違うとか、そんな理由だけで、人を傷つけられるんだろうか。 また学校という場所での集団心理も怖いし、学校の最高責任者がそういう思考の持ち主だってのも怖いですよね。 少し話は変わりますが、最近は少しでも問題行動があれば、普通学級に通わないらしいですね。 あくまで、うちの妹が、小学校教師をしている友人から聞いた話ですが。 ボクは小学校時代、相当な問題児だったわけですが、そういう子は最近では特別学級に行かされるとか。 どれだけ「普通」を重視しているんだろうか。 社会には「普通」以外もたくさんあるというのに、それを排除した社会は存在しないというのに。 「自分とは違う」存在を認識する環境を、子どもの頃から経験しておいた方がいいと思うよね。 そんなこともしないで、小学生から英語を必修化したところで、何の意味があるというのか。 英語を話すのは、アメリカ人やヨーロッパ人だけじゃないし。 英語を話せたところで、日本人の「普通」枠にハマらない人間を受け入れられないなら、全く意味がないですよね。 ボクは自分が変人で良かったと思います。 ボクが通っていた小学校は養護学級があったり、普通学級に通うか特別学級に通うか悩んでる子を受け入れたり、そんなところでした。 クラスメイトに軽い知的障害を持った子や、身体障害を持った子もいました。