mameblack.com
中学デビュー、高校デビュー、大学デビューに失敗しても、やり直せばいい。 |
30歳を超えた、どうしようもないやつなので、ジェネレーションギャップもあるかと思いますが、新年度ですし、ボクのデビュー過去でも話していこうと思います。 私立の女子中学校に進学で、2日目から やらかす ボクの過去が気になる方は、プロフィール読んでもらったらいいのですが 簡潔に書くと 小学校で学校一のワルと呼ばれる 地元の中学校がヤンキー、暴走族で、卒業生が休みの日に校舎のガラスを割りに来るレベル(広島は15年くらいまで暴走族がいました) 中学に進学すると、道を外れるのではないかと親が懸念したため、底辺私立女子中学に進学 という感じです。 同年代のギャルの話が全く理解できない田舎ヤンキーもどき 進学したのが、底辺私立中学だったので、半分以上がギャル。 しかも、ボクの学年は、その学校の中でも問題児だらけの学年だったらしく、金髪とか平気でいる。 ボクは思考回路はおじさん、見た目は少年だったのですが、仲良くなった初日にギャル3人組からランチに誘われました。 3人のギャルに囲まれて、緊張気味の田舎のヤンキーもどきだったわけですが、何を話してるのか理解できませんでした。 ファンションには疎いので、ギャルファッションブランドの話をされても、ちんぷんかんぷん。 昼休憩が終わるころには、妙な空気になってしまったわけです。 気を遣って、ランチを断る 次の日、昼休みになったんですが、ギャルたちに「話が合わないから、別で食べよう」と謝るボク。 前日で確実に空気が悪くなったので、全く悪気はないし、ごはんは美味しく食べたいので、他の子と食べることにしました。 この決断が、今後のクラスでの立ち位置を決めてしまうことになるとは、全く思っていなかったわけです。 3日目から始まる地獄 入学3日目、お昼休み。 前日に一緒にごはんを食べたクラスメイトと、ご飯を食べようとすると……断られる(´・ω・`) ただ一人で、ごはんを食べることに抵抗がないタイプだったので、自分の席でごはんを黙々と食べることにしました。 しかし、影響は昼休みだけでなく、だんだんとクラスで無視されるようになりました。 もちろん首謀者はギャル3人組。 クラスというか学年でトップクラスで可愛いギャル、かつ1人は優等生の雰囲気で学級委員。