mameblack.com
シアトルで偶然入ったベーカリーが有名店だった話。 |
ボクはパンが好きで、カナダにいた時もパンを買いまくっていました。 そして外食したいけど、ぼっちすぎてレストランに入れない。 正直レストランはチップを払わないといけないし、高いので控えてたんですけどね。 カナダワーホリ終盤、住んでいたビクトリアからシアトルまでフェリーで2時間半。 コーヒーが好きということも相まって、1人で2泊3日のシアトル旅行。 世界を股にかけるプロのぼっち\(^o^)/ つーことで、1人でカフェに入ったわけです。 しかも、小心者なので、中の様子をうかがって、入れるかどうか物色していました。 基本的に雑誌とか、ネットとかでは調べずに入るので、当たりはずれはあります。 しかし! 今回は、あとから友人にその店は「死ぬまでに行きたいパン屋25選」に選ばれてるらしいと聞かされました。 ……どこの国のどんな人が選んだのか知らないけど、雰囲気よかったので、まぁオススメ。 コーヒーとチョコクロワッサンを頬張るぼっち。。。 お店の外側に大きく描かれているMACRINAさん(仮)に魅かれて、入店したのでした。 ちなみにシアトルの飲食店の前には衛生調査の結果みたいなのが貼ってあります。 3段階評価で、Excellent Good Badに分かれています。 お店に入る前に確認してみたら、いかがでしょうか? まぁBadって書いてあったのはボクが見かけた限り1店舗だけでした。 大体の店はGoodなので、Excellentを探してみるのもいいかもです。 ガラスの映り込み激しいですが、クッキーやパンの種類も豊富。 カナダはこんなに品数の多い店あんまりなかったので、感動。 ちなみに、カナダのパン屋さんは主にケーキを置いてるので、パンがあまり食べれません(´・ω・`) ケーキ、バーガー、サンドイッチ、サラダも豊富。 だけど、日本とは違って、1000円くらい平気でするので、躊躇する。 正直、普通のパンでも3ドル、4ドル平気でするので、日本と比較すると、痛手。 それでもって、すごく美味しいとかではない、普通。 焼き菓子なんかもあって、カフェの割に珍しく充実していて、よかった。 別に買ったわけじゃないけど。