mag.nagano-mall.jp
昔の釣りの道具は? | ながのモールマガジン
江戸時代を題材にしたテレビの時代劇では、江戸の街中で釣りをするシーンがたまに出てきますね。暇な旗本や貧乏浪人が川に釣り糸をたらしている情景を見ると、筆者などはつい当時の釣り道具はどんなものだったんだろうかと思ってしまいます。静かに流れる川の場合はまだ何となく想像はつくのですが、波が荒い海の場合なんかはその疑問がずっと大きくなります。浜ちゃん、スーさんの掛け合いで有名な映画『釣りバカ日誌』では江戸時代の日本海(山形県酒田市)で釣りをするシーンが出てきますが、それを見た時は、映画の内容そっちのけで釣り道具に興味がいってしまったぐらいです。 現代では、釣り竿といえばカーボン製、糸はナイロンやポリエチレン製などが主流で、糸を巻く金属製のリールがあり、浮きや重りや針にもいろいろあります。ですが、幸村の時代はどうだったのでしょうか? 竿に付けるリールは無かったと思うので、竿はいわゆる延べ竿(リールが無いもの)ですね。素材は竹。これは今でも使われている竿です(高いものだと一本何十万円もしますね)。重りは鉛か鉄でしょうか。昔もありましたから。針はたぶん鉄ですね(はるか昔は動物や魚の骨を削って作ったらしいですが)。浮きはとにかく水に浮くもので、竹でも何でもいいですね。何となく想像できます。 問題は糸です。