mag.nagano-mall.jp
夏至の日のお戒壇巡り | ながのモールマガジン
一年を二十四に分割してその季節を表している二十四節気。 6月に入ってまたひとつ季節が進み、今年は6月6日から「芒種」に入ります。 芒種とは、"芒(のぎ/イネ科の植物の実のトゲトゲした部分)を持った植物の種をまく頃"という意味だそうで、次の二十四節気である「夏至」の前日まで続きます。 今年の夏至は6月22日、夏至も過ぎればいよいよ夏本番ですね! ということで今回は、昨年の夏至に善光寺に行った時の体験から、 お戒壇巡りについて書いて行こうと思います。 "意外と知らない"かもしれない要素は終盤で出てきます。 ◎善光寺本堂とお戒壇巡り 知らない方もいるかもしれないので、 善光寺本堂の構造とお戒壇巡りについてちょっとご説明します。 本堂の中には、内陣と呼ばれる約百五十畳敷きの空間があり、その畳敷きの間で 参拝することを内陣参拝、それより外の板敷きの間から参拝するのを外陣参拝と呼びます。ご本尊は中央よりちょっと左寄りの奥、内陣のさらに奥の内々陣に祀られています。 ↓図にするとまぁだいたいこんな感じ さて、この図の★で表記している箇所、ここが「お戒壇巡り」の出入口です。 (本堂の内々陣右奥) お戒壇巡りとは、床下の真っ暗な回廊をぐるっと右回りに巡って、ご本尊のちょうど真下あたりにある「極楽の錠前」に触れ、極楽往生のお約束をいただくことです。 お戒壇巡りは内陣参拝とセットのようになっていて、内陣券(大人・大学生500円、高校生200円、小中学生50円、未就学児無料)が必要です。 内陣参拝をした後、外に出る前にお戒壇巡りをするという流れになっています。 ◎いざ、お戒壇巡り 内陣参拝を終えると、みなさんお戒壇巡りに進みます。 入口の階段を降りると、徐々に薄暗くなっていきます。 お戒壇巡りの回廊には灯りは一切ありません。 階段を降りてから数歩進めば辺りはもう本当に真っ暗! 日の届かない、灯りもない、本当の本当に真っ暗な道のりです。 基本的に皆さん右側の壁を手で確認しながら進みますが、回廊内に他の方もいる時なら、何より頼りになるのが"前を行く人の声"と"前の人の背中"。 本当は、念仏を唱えるか、おしゃべりせずに進むのが良いようなのですが、実際のところは皆さん結構しゃべってます。 というか、真っ暗で本当に何も見えないし道も分からずに進むので、声を出していないと不安に駆られるのかも…。