m-uroko.com
漫画「トリコ」に登場する小松の情報をまとめ。グルメ細胞の悪魔は?
週刊少年ジャンプで連載されていたグルメ漫画「トリコ」のキャラクターの1人である料理人の小松についての情報をまとめてみました。 最初はトリコの中でもモブキャラのように描かれていた小松ですが、物語が進むにつれて重要な立ち位置を占めるようになりました。 実は小松がグルメ細胞の悪魔もその身に宿していたと判明した時は驚きましたしね。 今回は漫画トリコの登場人物である小松について深く掘り下げていきます。それではどうぞ! トリコの小松とは? 漫画トリコに出てくる登場人物、小松についてさらっとおさらいしてみます。 小松は第一話目から登場するキャラクターで三ツ星レストランのシェフを務める料理人。 年齢は23歳と若く、実はトリコと同年齢です。 パートナーアニマルはアイスヘル編で仲間になったウォールペンギンのユンです。 小松は料理学校時代に、竹ちゃん、梅ちゃんという戦友と出会い後に物語後半でも登場しますね。 松竹梅コンビは後述しますが、GODを調理した3人として伝説の料理人としてその名を響かせるようになります。 小松の武器はその類まれなる食運。これは物語後半から最終話にかけても大活躍する最強スキルです。 小松とトリコの出会い IGOの会合でガララワニを提供することになり、その食材を確保するために美食家(食材を調達する人)であるトリコに白羽の矢が立ったわけです。 この時に小松はトリコのハンティングを直に見たいと志願し同行します。 これが、トリコと小松の最初の出会いです。 その後はトリコと一緒に行動を共にし、その才能を開花させていきます。 フグ鯨編で料理人としての才能を開かせる 初期の頃にフグ鯨という食材を小松、トリコ、ココの3人で捕獲しに行きます。 この時に初めて二郎とGTロボも登場しましたね。 フグ鯨は毒袋を取り除くのが非常に難しい食材で特殊調理食材でもある食材。 最初はココが調理する予定でしたが、デビル大蛇との戦闘やGTロボとの遭遇で思った以上に消耗し、手元が狂う可能性があるため急遽、小松に調理代理を依頼。 初めて扱う食材でしたが、この時に小松は見事に調理を成功させています。 オゾン草編でトリコの相棒になる