m-uroko.com
【ネタバレ】漫画『人狼ゲーム ビーストサイド』の完結を振り返ってみる
見知らぬ者同士が集められて村人・人狼側に分かれて戦うデスゲームに参加させたられる主人公達。 前作は村人視点の展開でしたが、今作の『人狼ゲーム ビーストサイド』では人狼側となってしまった主人公の視点で物語が展開されます。 人狼視点の物語も完結してしまいました。最終話では人狼が勝利したのか?村人が勝利したのか?などについて紹介。 今回はその『人狼ゲーム ビーストサイド』のネタバレ記事となります。 ネタバレNGな人はこちらの記事をどうぞ。 今度は人狼側!?漫画『人狼ゲーム ビーストサイド』が面白い ネタバレOKな人のそのまま読み進めてください。それではどうぞ! 人狼視点のゲーム 前回のゲームでは村人視点のゲームでしたが、今回は人狼視点(ビーストサイド)で話が展開されます。 今回の人狼役は前回の人狼ゲームの生き残りである、井上このみと仁科愛梨。 そして、別の人狼ゲームの生き残りである伊勢という男子高校生です。 前回と同じように冒頭で人狼ゲームの説明が参加者に向けてあるのですが、自らを人狼側だと悟ったこのみと愛梨は目配せをしながら、打ち合わせをしていきます。 また新たに今回のゲームでは下記の点が変更されていました。 人狼役は3名 用心棒という新たな役職が追加 村人の中に共有者がいる 用心棒とは人狼側の襲撃から毎晩一人を指名して守ることができるという職業です。 共有者は村人の中に2名おり、お互いが共有者であることを認識しています。これは他人の正体が分からない人狼ゲームでは大きなアドバンテージとなります。 初日の夜に談話室に集まり、今晩のターゲットを誰にするのか話し合う3人。 ここでのターゲットを誰にするかが妙にリアルです。 人狼が直接手を下さなくても指名されそうな人員はわざと残し、投票されなさそうな人間からターゲットにしていこうかとか・・ 前回もこうやってやりとりをしていたんでしょうね。 そして話し合いの末にターゲットを小曽根という男子高校生にします。 この男子高校生を選んだ理由は、ゲームの説明を聞いている時にペナルティで一人死んだのですがその時小曽根は一人だけ逃げようとしたんですね。