m-uroko.com
【ネタバレ注意】最悪な弟?キングダムの成蟜(せいきょう)はどんな人物?
キングダムは始皇帝の幼少期から中華統一を果たすまでの軌跡を描いた漫画です。 秦王の政を中心に、彼の頼もしい存在として活躍する信など様々な魅力的なキャラクターが登場します。 その中で、政の弟として初期の頃に登場した成蟜(せいきょう)。 この成蟜(せいきょう)は後になっても物語の重要な局面で絡んできます。 今回はこのキングダムの成蟜(せいきょう)がどんな人物で、どういったポジションなのか?史実ではどのような人物だったのか?を中心に紹介していきます。それではどうぞ! 【ネタバレ注意】最悪な弟?キングダムの成蟜(せいきょう)はどんな人物? 政と成蟜(せいきょう)の関係 まず先に政と成蟜(せいきょう)の関係について紹介を。 兄と弟という関係ですが、その関係は複雑。いわゆる腹違いの兄弟というやつです。 政と母親は長く趙で暮らしており、その環境は劣悪なものでした。本来は秦の王族であるはずが他国で秦への恨み辛みを受けるような生活を送っており、母親は身体を売るようなこともやっていました。 一方、政と違い秦で生まれ秦で育った成蟜(せいきょう)はいわゆる温室育ちのお坊ちゃん。 ワガママな性格に育っており、王族を尊重しそれ以外の人間は卑下する傾向にあります。 王族とは言え、兄の政を目の敵のように敵対視する成蟜(せいきょう)。 その原因は政が趙から秦に舞い戻ってきた時に、自分の取り巻き連中が政に鞍替えをしたこと。 それまでの配下への散々ないじめが原因で周囲からの評判は最悪だったので当然の結果といえば当然なんですけどね。 このことが原因で成蟜(せいきょう)は一方的に政への敵対心を持つことになります。 そして、それが成蟜(せいきょう)の反乱へと繋がっていきます。 成蟜(せいきょう)の反乱まとめ キングダムの最初の大きな戦といえば成蟜(せいきょう)の反乱。 これは成蟜(せいきょう)が政に対してクーデーターを起こし、周りの家臣ともども王宮を乗っ取ろうとしました。 信の相棒であったヒョウが命を落としたのも元々この争いが原因ですね。 この時に政は信とカリョウテンのたった3人だけで追っ手の追撃を逃れ昌文君と合流します。 そして、成蟜(せいきょう)に奪われた王宮を取り戻すために山の民の長である楊端和に助けを求めます。