m-uroko.com
急な吐き気対策に!気持ち悪くて吐きそうな時の対処法6選
ご飯を食べたり、普通にしていても吐き気を催す時ってありますよね。たくさんお酒を飲んだ時には、吐き気を催すのは仕方ないとして車酔いや食べ過ぎなど不意に吐き気が襲ってくる時ってあると思います。 自宅などすぐに吐ける状態なら百歩譲って問題ないとして、オフィスや電車の中だと大惨事になってしまいますよね。 今回は吐き気を感じた時に一時的に、吐き気を解消する方法を紹介します。知っておいて損はないかも?それではどうぞ! 体が楽になる姿勢を取る 吐き気を催すメカニズムとしては、食べ過ぎなどで消化器官に負担をかけたり車酔いや船酔いなどの脳への負担で起こります。 それが断続的に続くと、結果吐き気を催し吐いてしまうことになります。 なので、吐き気を感じてきたら身体への負担を軽くすることを第一に考えると良いです。つまりは安静にするということです。 立っている状態ならばイスに座る、可能であれば横になるなど身体が一番リラックス出来る方法を取りましょう。 そうすることで、消化器官などへの負担が軽減され吐き気を解消できるようになります。 吐き気を解消する食べ物を食べる 吐き気を感じた時には、吐き気を解消する食べ物を摂るのも効果的です。 例えば、ミント系のガムなどがオススメで吐き気を抑制することができます。 それ以外にも、梅干もオススメの食材です。そのままでは刺激が強すぎるので、おかゆに入れたり潰しながらお湯と一緒に摂ると不思議と吐き気が解消されます。 また生姜も吐き気解消にはオススメの食材です。生姜には強い殺菌作用があるので、吐き気解消の効果を期待できます。 寝転ぶ時は右半身を下にして寝る 車酔いなどの脳への負担による吐き気ではなく、食べ過ぎや飲み過ぎが原因の吐き気の場合は右半身を横にして寝ることをオススメします。 右半身を下にして寝ることで通常の状態よりも消化を促進させることが出来るので、早く吐き気を解消することができます。 吐き気に効くツボを押す 一時的な救済措置として吐き気解消につながるツボを刺激するのも一つの手です。吐き気を解消するツボは3箇所です。関衝と呼ばれるツボが押しやすいのでオススメです。場所は薬指の爪根元部分の少し小指側の部分となります。 この部分を横になったりリラックスできる状態にして刺激しましょう。