love-life.lovepop.jp
B:134ページ 寧子(やすこ)の優しさ "母と妻と女の狭間(はざま)で・・・" 留学時代・同棲編
一晩中飲んでいたし、寧子の優しい言葉 にホッとして、ベッドに入ると同時に深い 眠りについていた。 次に目が冷めたのは、もう3時を回って いた。 「あ、もうこんな時間!」 寧子は「午後になったら、またおいで」 って言ってくれていたけど、今からシャワー して、支度したら夕飯の時間になっちゃ