lizardcare.net
イントロダクション | lizardcare.net
爬虫類飼育関連の情報は、十年前、二十年前とは違い、近年ではかなり出揃って来ています。私が本格的に海外のトカゲに手を出し始めた頃は、UVBを専用の照明器具を使って照射するという考え自体が飼育者の中では薄かった様に思います。飼育書等を読んで知識を得た人たちも、UV灯を入手する事が出来ず、NECの「ビタミンDay」の様な健康蛍光灯を利用していた飼育者もチラホラと居ました。まぁ私もその一人だったんですけどね。280nm~320nmのUVBを健康線と呼んで一般家庭用に販売してたんだからとんでもない時代ですよね。今から15年前でこの程度ですから、ここ数年で紫外線の認識が爬虫類飼育者だけではなく世間でも変化して行ったか分かると思います。 この項目の目的 さて、飼育ページが氾濫している昨今、紫外線が大事!という情報だけ が独り歩きしてしまい、本当に重要なのか、どうして重要なのか、何が良いのか、という情報がかなり不足している様に感じることが多くなりました。蛍光灯型はそこそこ出る!パワーサンは結構出る!メタハラはめっちゃ出る!UVBが大事!という漠然とした情報は至る所で見かけるようにはなりましたが、実際はどのぐらい出ているのか?という検証がしっかりと行われているか、というと疑問が残る部分です。トカゲは紫外線が必要であるという認識はかなり広がっているだけに後ひと押しが欲しいな、と思っていた所、いいや、自分で一歩踏み出そう!と思い立った結果がこのページです。一次情報というのは大変貴重な時代です。待っているだけではダメだという結論に達しました。 なぜUVの情報は軽視されがちなのか?