lizardcare.net
当サイトでの使用計器 | lizardcare.net
具体的にどんな数値を出すの? このページまでたどり着いた方であれば既に把握していると思うのですが、紫外線というのは大きく分けて4つあるという点は押さえておきましょう。 ・UVAUV3兄弟中では最も波長が長いのがUVAです。人間界では皮膚の老化の原因の一つとして忌み嫌われていますが、UVAには細胞の活性化させる効用があり、爬虫類飼育ではこの点にスポットが当てられる事が多いです。・UVBUV3兄弟の問題児です。人間にとってはUVAの数十倍の皮膚への攻撃性を持つとされているラジカルな光線なんですが、その裏で皮膚でビタミンD3を合成する化学反応の要因の一つとされていて、特にトカゲ業界では、いかにUVBを当てるかが、大きな飼育のキーポイントになっているともっぱらの噂になっています。・UVCUV3兄弟の中では最も波長が短く、最もラジカルな紫外線です。実はUVBと同様にビタミンD3を生成する力があるのですが、デメリットの方が遥かに大きいので、UVCに関しては少なければ少ないほど良いという認識で十分です。・真空紫外線UVCより更に波長が短いのですが、そもそも真空でしか進めないと言われているので、爬虫類の飼育には関係ありません。ちなみにどうでも良いお話ですが、真空紫外線を数値にして検出するにはそれこそ数千万の投資が必要になります。 使用する計器 機器A TOPCON UV-RAIOMETER 305nmをピークに270~390nm、365nmをピークに310~400nmを測定する事が出来る紫外線強度計です。どちらかというと皮膚科をはじめとした医療分野に強い会社が作った国産メカでございます。 Zoomed ST6に比べて数値は大きくでます。330nm帯まで測定するので当たり前ではあるのですが、その点を踏まえて数値を見ていただけると助かります。 引用 国立環境研究所