lifestyle-co.net
眠れない夜は〇〇をすると良い?不眠女性の体験談 | Lifestyle & Co.
私も経験がありますが「どうしても眠れないとき」皆さんどうしていますか? ついスマホに手が伸びるのですが、余計に目が覚めちゃって困ります。 最初の“寝つき”に失敗してしまうと、睡眠の質が下がります。最近では「眠れなかったら一旦布団から起き出して、眠くなってから布団に入ったほうがいい」とも言われているそうです。 疲れているのに眠れないのは辛いもの。この形容しがたい辛い時間をどのように過ごすと眠れるようになるのか。不眠を経験した女性たちの「〇〇をするといいよ」という体験談を集めてみました。 ここぞとばかりに漫画本を読む Mさんは、更年期のような症状が出て、足が火照ったり動悸がしたりで、なかなか寝付けないことが多いのだそう。温めたミルクを飲んだり、リラックス効果のあるアロマオイルも試したけど効果なし。 「こういうときは、寝るのを諦めて漫画を読むことにします。気が付くと4時とかになってるけど、流石に眠くなってくる。朝起きるのは辛いけど、嫌な気分で数時間天井とにらめっこするよりマシ」 好きな漫画を1巻から読み返していくうちに、適度な疲れが出て自然と眠くなってくるのだそう。何もしないで目を閉じて布団の中にいるよりも、有意義な時間が過ごせますよね。 コンビニに行く 「あ、これは眠れないなと思ったら、コンビニに行きます。家の中にいても気分が変わらないので、コンビニで雑誌を読んだり、適当に明日の朝ご飯を買ったりします」 Fさんは、生理前になると眠れない日々がやってくるそうです。仕事もあるため辛いのですが、とにかく「このまま眠れないのでは?」という気分を一掃することを重視したそうです。 「コンビニに行くだけでも緊張するんですよ。店員さんやほかのお客さんもいるし。服も着替えなきゃいけないし。そういう刺激を受けると、すっと眠れることもある」 気持ちを切り替えて「外出しよ!」と思うことで、スイッチを切り替えることができるのかもしれません。コンビニへの往復で適度な運動が眠りを誘発してくれるかもしれませんね。 料理をする・掃除をする 一人暮らしのYさんは、「眠れない時こそチャンス」と思うことにしているのだそう。普段から、「すごく眠いとき」と「全然眠れないとき」があって、コントロールが難しいそうです。