lifestyle-co.net
【ぶっちゃけ】銀座ホステスのリアルなお仕事はこんな感じですよ | Lifestyle & Co.
銀座ホステスが書いた本がたくさん出ているけど、本になる時点でかなり脚色や意図が含まれています。 なので、私は何の意図も脚色もない、生の銀座ホステスの仕事についてお話します。 寂れつつある銀座ではありますが、ちょっと興味のある人の参考になればと思います。 男を落としたいならこちらをどうぞ♪→悪用厳禁!初対面で男を燃え上がらせる秘密のシナリオ お給料 銀座ホステスの時給はだいたい2500円くらいからスタートします。 高級クラブになると5000円とか1万円とかになるようですが、一般的には2500円が相場です。 だいたい、7時半から11時半までが勤務時間ですから一日1万円になります。 結構良いお給料なのですが、ここには裏があります。 銀座の知られざるルール 銀座では、出勤前に美容院に行くのが義務づけられています。 銀座には無数の美容院がありますが、夕方の美容院はホステスたちで満杯です。 ここでいわゆる「銀座の髪」にしてもらいます。 「銀座の髪」とは、前髪を突っ立てるのが基本のヘアスタイル。 銀座では、ベタッーと額についた前髪は禁止です。 銀座には無数に店がありますが、どの店のホステスも前髪は突っ立てています。 前髪は突っ立てて、他の部分はライオンのようにしてもらうか、またはアップにしてもらいます。 原則毛先は内側カールです。 このヘアスタイルにしてもらうために、美容院代が一日3000円くらいかかります。なので1万円もらっていても7000円しか残りません。 中にはこの美容院代がもったいないので、自分で髪の毛を整える強者もいますが、本当にこれは練習が必要です。 私は自分でやってみたけどお店のスタッフにバレて「美容院行ってください」と追い出されたことが何度かあります。 銀座界隈のデパートの女子トイレは夕方混むという現象が起きています。 ホットカーラーとドライヤー片手に鏡の前で真剣に髪の毛を整えているお姉さま方がたくさん出没するからです。 彼女たちは、鏡の前に陣取って一時間近くかけて「銀座の髪」に仕上げています。 さらにその後、念入りにメイクして銀座ホステスに化けます。 銀座界隈のトイレのきれいなデパートのほとんどで毎日6時くらいにはこのような悪戦苦闘の光景が見られます。 服装 洋服は、パンツスタイルとニットは禁止です。 パンツスーツとかニットのカーディガンとか着ちゃダメです。