lifestyle-co.net
何もないのに行きたくなる、不思議な国ラオス。 | Lifestyle & Co.
今日も33度超えw来月もっと暑くなるなんて冗談でしかない@香港からにっきです。 ラオスって、みなさん知ってますか? 前の記事で少しラオス語についてお話ししましたが、 タイ、ベトナム、中国、ミャンマー、カンボジアに囲まれた内陸の国です。 タイのトムヤムクン的な有名な料理があるわけでもなく、 カンボジアのアンコールワット的な観光名所があるわけでもなく、 国土は本州くらいあるのに、 人口は横浜市くらい。 首都ビエンチャンには、 スタバもマックもKFCもない。 高いビルもあんまりない。 街をウロウロしてると、知らない人に何度も遭遇し、 いつの間にか挨拶をするようになったり。 ぱっと見、タイの地方都市にしか見えません。 愛をもって言いますが、 非常に地味な国です。 最近はちょっと知名度がましてきましたが、 私がラオス、ラオスいうと、 え?それどこ? とか、 ラオスって何語? とか、 通貨なに? そもそもラオスって何? とか、よく聞かれます。 非常にマイナーな国なんですけど、 私はこの国と深いご縁があります。 ラオス渡航回数は20回以上。 もはや正確な回数はわかりません。 いつもタイ経由で行くので、パスポートはラオスとタイのスタンプでいっぱいです。 私は一人っ子なんですが、 幼い頃それを不憫に思った両親が 仮の兄弟をつくってあげようキャンペーンを実施していました。 小学校に入る前の私に母は アジアの孤児を養子に迎え入れてもいい? と、真顔で聞いてきました。 甘えたい盛りですからね。 聞くまでもなく、当然答えは Noです! 後から聞いた話ですが、 なんで孤児は孤児でも外国からもらおうとしたのかというと、 明らかに顔が違うから養子だと説明しなくても、 本人も周りもわかるからだそうです。 孤児受け入れを断られた母がでた行動とは? アジアからの留学生のお世話をしだしました。 その学生の中に、ラオス人がいたのです。 お母さん代わりみたいな感じで、 日本語がおぼつかない学生に代わって洗濯機買うの手伝ったり 部屋を借りるときの保証人になってあげたり。 (外国人が日本で部屋を借りる場合、保証人が必要なんだそうです) 小学生の頃のある日、学校から帰ると 何人かわからない人がうちでカレー食べてました。 よくわからない人がうちで夕飯たべてるというシチュエーションは我が家のあるあるでした。