lifestyle-co.net
寂しくて気が狂いそうになることは、ある。こにく的対処法。 | Lifestyle & Co.
ほんまはむっちゃ 根暗です。こにくです。 こんにちは! お天気は不安定だけどみなさん夏をエンジョイしていますか? そして人生をエンジョイしていますか? 炎上じゃないですよ。 エンジョイです。 こにくですが、こちらに記事を書くようになって、モノを書くということについて、 新しい発見がいっぱいいっぱいありました。 昔から描いたり書いたりすることは好きだったけど、 不特定多数の人の目に触れるものを書くようになったことで、いままでとは違う気づきもいっぱい。 昔好きだったとあるミュージシャンが言うてました。 「曲を書く、詞を書くっていうのは人生の切り売りだ」と。 それ、まだまだ素人に毛が生えたような物書きのこにくですが、生意気だけど納得って思う。 自分から、本気でオープンにしないと、みなさん、表面だけのうすっぺらいものなんて、 面白くないですよね。 だから今日は、カミングアウトから始めてみました。 はい、こにく、ほんまはガチ根暗です。 そして、正直、寂しくて寂しくて、気が狂いそうになることは、ある。 それなりに、モテ具合も自分の望むレベルになった今でも。 まあ、そもそも、自分のこの寂しさ、虚しさを埋めてくれるものは恋愛じゃないってことは、こにくははっきりわかっているので、だから彼氏はいらないんやけどね。 でもこの、「意味もなく寂しくて気が狂いそう」っていう感じ、 感受性の強い女性たちは、共感してくださる方、多いんじゃないでしょうか。 彼氏や旦那や同居人の有無は関係ないと思う。 「意味もなく、やたら悲しい」っていうこと。 理由がわかるときは、それに対処すればいいのだけど、 言いようもなく寂しいときや、ふとした瞬間に背後霊のように襲ってくる寂しさ、虚しさ。 コレほんとにやっかいで、 紀伊国屋でもアマゾンでも、どんだけネットサーフィンしても、 ぴったりフィットの対処法って、ぜんぜん見つからない。 へこんだ理由が分かってる場合でも、どうしたらいいのかわからないこと、いっぱいありますね。 だから、自分なりにセーフティネットをしっかり作って、 対処法をストックしておくことが大事。 というわけで、30代シングル賃貸マンションに一人暮らしのこにくが、 死ぬほど寂しいとき、疲れたとき、虚無感に襲われたときにやる いくつかの対処法を教えるで! エネルギーポイント残り0レベルのとき