kuniyame.com
期間工が語る『40歳過ぎたら楽になる』は本当なのか? | 風の谷の無職☆中国吉林省編☆
私は引越し、期間工、タクシー、派遣など、色々な底辺職を渡り歩いてきたその道の人間であるが、皆が同じように語るある言葉がひっかかっている。 40歳を過ぎたら急に人生が楽になり、幸せ感を味わい始めるという 『あぁ~楽になるよ~40過ぎたら、う~ん楽しいね~も~ね~気楽』 などといって皆が静かにほほ笑むのだ。 いったい39歳から40歳までの間になにがあるというのだろう、このことは自分の数少ない希望の一つになっている。 20代後半から30代前半が一番キツイ? 「28歳ですか~一番きつい時期ですね~(・∀・)ニヤニヤ」 とはホンダ期間工時代によく言われた言葉だ。 私の聞いた経験から言うと、30代は一番悩む時期であるという。当時私は20代であったが、確かに30代の人は、前半であろうが後半であろうが、皆が一様に死んだような顔をして迷走しているようにも見えた。 39歳期間工Tさん 「今まで引きこもってた、だから俺職歴とかなくて。でもこの年じゃフリーターの仕事もなくなっていくから、一大決心で来たんよ」 みたいなことを言っていた、働き方にも不器用さがよく出ていたし、なにより闇に支配されたような暗い目が印象的だった。 33歳期間工Aさん 「やっぱり勉強してきたことを生かそうと思ってるから、外国に行こうと思っている。9カ月やったらカナダに行くんよ~」 といっていた、今の自分と同じだ、年齢まで同じである。この人も、20代組に比べるとなぜか暗い表情をしていた。 それに対して40代は明るかった 40歳Hさん 初対面でいきなり 「クニヤメさんはいくつですか?はぁ~ニヤニヤ、一番キツイ時期ですね~」 などといきなり言われる。とても穏やかで不器用そうにもみえるが、なにがどうしたというのだろう。 「僕は30代前半が一番きつかったですね~」 どこか自然体である。 40代期間工Kさん 「楽ね~もう本当に気楽ですよ。」 40代期間工Oさん 「今は本当に楽やな~あん、自分のために働いて~自分のために使う、ほら~あれや毎月ひとつづつ揃えていくんや」 と、今月はスマホデビューしたと得意顔である。 性格の問題ではない気がする