kuniyame.com
期間工寮をばっくれる1~ホンダ期間工からホームレス~ | 風の谷の無職☆中国吉林省編☆
バックレるのか バックレないのか それが問題だ 夜をかける 友は私を止めた、しかし私は必死に押し通ろうとした。 刑務所のようなホンダ寮に、落ち着きを失った私の声がこだましている。 「やめるうぃーやめるうぃー!バックレるうィー!」 友人は落ち着けて言ってくれていた、2人とも必死だった、私はなんとか説得を受け入れて部屋に戻った。しかし、10分後、再び友人の独房を訪ねた私の表情には男の覚悟があった。 「やっぱり俺はやめる。みんなおかしい、俺もおかしい。」 友人はそうかとだけいった。 そして、部屋の鍵をだまって渡してくれ、自身は夜勤へと向かっていった。 3勤者(3交代の最後の深夜帯)が出勤を終えて、皆が寝静まるころ、男は行動を開始した。 必死だった、とにかく荷物を4階から、3階の友人の独房に押し付けた。 あとでどうにでもなる、当時はそう思っていた、私の通帳には150万円ほどにぎられていて、それでなんとかなると思った。 必死で汗まみれになりながら段ボールを運んだ、まわりからせかす声がきこえる、あるいは幻聴かもしれないがたしかに聞こえた気がした。 「・・・おーバックレとるバックレとる(*´з`)」 たぶん、言ってる人はいたと思う。 深夜の時間帯とはいえ、三交代の現場である、まだかなりの灯りがあったのだ。 自分の交代者にもすれ違った、その人は唖然とした表情でこちらを見ていた、私は今工場にいないといけない時間帯なのに、独房にいたのだから。 独房の前で、二段段ボールを必死に運んでいる姿に何を思っただろうか、私の歩調は自然と速くなった。 いまだに彼の表情を思い出す時がある、この人はなにをやってるのだろうか、そんな人間の生の表情だった。 友人は職に困っているときに京都から呼び寄せた、大学からの友達だ。 私が急にバックれられたのは、このリアルの友人の存在が大きい、彼の部屋を活用できなかったら、あるいは別の未来を生きていただろうと思う。 11カ月分の荷物だったので、すぐに逃げれる量ではない荷物を抱えていたから、普通の人は思い付きでばっくれるなどは難しいことだろう。 友人を、一人寮に残していってしまったことはたいへん申し訳なかったが、当時の私は逃げ切る、その思いでいっぱいだった。 寮をバックレてからの数日間のことはいまでもよく記憶している。