kidscodeclub.jp
ドローンレースで学ぶプログラミング講座に行ってきました! | Kids Code Club キッズコードクラブ
北海道から沖縄まで、全国で開催されているビジップさんのドローンイベントの福岡会場に行ってきました! 福岡では「ドローンレースで学ぶプログラミング講座」と題し、ドローンお菓子釣りやミニドローンレースなど、子どもでも楽しめる内容で行われました。 初心者でも手軽に遊べるトイドローン 使ったのはこのかわいいドローン。フランスParrot社のMAMBO。200g以下のドローン規制に引っかからないタイプでトイドローンと呼ぶそうです。規制に引っかからないとはいっても、基本的には室内推奨のようでした。本体15,000円とバッテリー追加(8分くらいで切れる...)、コントローラーで合計24,000円ほど。コントローラーはなくてもスマホで操作できるけど、かなり操作しにくいので買う方がおすすめだそうです。ちょっと奮発ぎみのXmasプレゼントにいかがでしょうか笑 ちなみにあんまり安すぎるドローンは、不安定でまともに飛ばせないのでおすすめしないそうです。 ドローンでお菓子釣り! さっそくお菓子釣りからスタート!お菓子にクリップをつけて、磁石で釣る仕組みです。軽いので自分の巻き起こした風なんかにもろ影響を受けてしまって不安定!欲張らずちょっとずつ動かすといい感じになります。 こういうのって小さい子どもの方がアレコレ考えず思い切りがよくてうまいんですよね。 うまい棒を持ち帰るドローンくんかわいい #toydrone #parrot #mambo #stem #steam #drone #ドローンでお菓子釣り#うまい棒 kidscodeclubjpさん(@kidscodeclubjp)がシェアした投稿 - 2017 10月 13 1:23午前 PDT ドローンの活用方法についても知っておく 遊ぶだけでなく、ドローンの未来についてしっかり学ばせて頂きました。農業や測量、災害への活用など、実際に下の動画を見せてもらいました。 農業はなんとなく想像できていたけれど、特に測量は素晴らしいなと。取得した3Dデータは、ただ測るだけでなく様々にその活用可能性が広がりそうです。撮影した動画をどうやって解析するのかがポイントになってきているそう。このあたりは、機械学習などのテクノロジーの出番ですね。 最近ドバイで開催されたドローンレースの賞金はなんと2