kidscodeclub.jp
クリエイティブな30時間!大八耐2016初参戦レポート | Kids Code Club キッズコードクラブ
クリエーターの祭典「大八耐2016」にKids Code Clubスタッフが参加してきました!2日間にわたって開催されたイベントのレポートをご紹介します。 大八耐とは 大八耐とは、福岡で毎月開催されている「八耐:八時間耐久作品制作会」が年に一度行うものづくりのお祭りです。2013年から開催されており、毎年150名近い人が参加しています。 ゲームやCG、アニメーション、映像などの本格的なデジタル作品から、イラストや絵本、プラモデル、ペーパークラフトなどのアナログなものまで、普段は文字どおり8時間、そして大八耐では2日間:約30時間にわたって作品制作を行うという、いわゆる「ハッカソン」と呼ばれるもので、ものづくり好きな人には超超テンションの上がるイベントになっています。 今回の大八耐は、2016/9/24〜9/25の2日間、福岡市東区の福岡工業大学短期大学部で開催されました。さまざまな企業がスポンサーとしてサポートしており、制作会は参加無料、交流会のみ参加費がかかります。 イベント公式サイトはこちら どんな人が集まるの? 主な参加者は大学生や専門学生などの学生さんですが、社会人も多数参加されています。今回は、学生と社会人の比率が5:2くらいの印象でした。男性が多めですが、女性も結構います。 今回、事前に許可を頂いたうえで6歳の子どもを連れて行ったのですが、過去40回以上にわたって開催された八耐で史上最年少だったそうです!特に子どもの参加を禁止しているというわけではなく、むしろ今後はそういった展開も模索していきたいということで、学生さんたちにも、運営の方にも、歓迎してもらえたのはとっても嬉しかったです。 イベントの目的は? ジャンルやテーマ、立場に関わらず、純粋に「ものづくり」に興味がある人が一箇所に集まり、新しいことに挑戦したり、自分の知らない世界や技術・知識に触れるなど交流し、お互いに切磋琢磨することができるというのが主な目的のひとつです。 大八耐では制作した作品を展示・発表する機会があり、県内外から来られた豪華なゲストが審査を行います。 今回のゲストは下記のような方々でした! Mistletoe株式会社 アントレプレナー育成・支援部門プロデューサー 嶋根 秀幸氏 KOO-KI ディレクター/テクニカルディレクター 髙村 剛 氏 本荘事務所 代表 本荘修二