kidscodeclub.jp
【開催レポート】英語で学ぶコンピュータ・サイエンス第3回:デバッグについて楽しく学ぼう | Kids Code Club キッズコードクラブ
10月18日(日)に「英語で学ぶコンピュータ・サイエンス第3回:デバッグについて楽しく学ぼう」を飯塚市役所で開催しました! →開催詳細はこちら シアトル・熊本・福岡の3会場をオンラインで繋ぎ、シアトルのVRエンジニアKenji先生から、3箇所の子どもたちが同時に「英語」でコンピュータの基礎を教えてもらう、この「英語でまなぶコンピュータサイエンス」シリーズ、番外編も入れるともう4回目となりました。これから10月〜12月まで3回連続で実施しますが、すべて満員御礼です! なぜ私たちが「コンピュータ・サイエンス」という分野を、わざわざ難しい「英語」で教えているのかについては、ぜひ第一回目のレポートをご覧頂ければと思います! 講師の今崎 憲児(いまさきけんじ)さん VRで有名なOculusエンジニアとして活躍中! Seesawの紹介などケンジ先生のコンピュータ教育エッセイ(全10回)はこちら 今回から中継にはZoomを使い音声周りの機材も整え、配信環境はかなり快適になりました!毎回課題を振り返り、回を重ねるごとにどんどんアップデートしていっています。今回も、授業向けInstagramとも表現される教育プラットフォームの「Seesaw」と、誰でも簡単にクイズをつくって遊べるアプリ「Kahoot!」を利用して学習過程を共有したり、理解度を確認しながら進めていきました。 また、第3回〜5回まで飯塚市教育委員会のご後援を頂き、iPadと会議室の貸出をして頂くこととなりました。飯塚市は「プログラミング教育」と「英語教育」のどちらも力を入れているため、私たちの取り組みもぜひ応援したいと仰って頂き、ご協力頂けることになりました。日曜日の市役所は誰もいなくてまるで侵入してるかのような不思議な気分です(^^) すべてのご家庭がパソコンやタブレットを持っている訳ではないので、できるだけ手ぶらで気軽に来て欲しいという願いがあり、それが実現できたのは本当に嬉しいです!このように、私たちのイベントはボランティアスタッフや行政、学校、企業の方、たくさんの人たちのご協力で開催できています。本当にありがとうございます!