kidscodeclub.jp
【開催レポート】英語で学ぶコンピュータ・サイエンス第1回 | Kids Code Club キッズコードクラブ
4月22日(日) 英語でまなぶコンピュータ・サイエンス 「第1回:コンピュータロジックを楽しく学ぼう」を福岡県飯塚市のフリースクール「みんなのおうち」で開催しました! ⇒開催詳細はこちら シアトル・熊本・福岡の3会場をGoogleハングアウトのビデオチャットで中継し、3箇所の子どもたちがシアトルの現役エンジニアから同時に「英語」で授業を受ける、他にはない新しい試みです。授業向けInstagramとも表現される教育プラットフォームの「Seesaw」と、誰でも簡単にクイズをつくって遊べるアプリ「Kahoot!」を利用して学習過程を共有したり、理解度を確認しながら進めていきました。 講師の今崎 憲児(いまさきけんじ)さん VRでおなじみのOculusエンジニアとして活躍中! Seesawの紹介などケンジ先生のコンピュータ教育エッセイ(全10回)はこちら 日本では2020年に小学校段階でのプログラミング教育導入が発表されたこともあり、子ども向けのプログラミングスクールやイベントなどが最近とても増えてきましたね。Kids Code Clubでも、これまで400人以上の親子、先生方にプログラミングに触れる機会を提供してきましたが、今回の取り組みは特別です。 今回実施した「コンピュータ・サイエンス(以下、CS)教育」では「コンピューターがどういう仕組みで動いているのか」というプログラミングの基礎となる部分に取り組みました。Scratchやロボット教材などと違い、コンピュータがなくても学べる「CSアンプラグド」と呼ばれる手法を用いています。 code.orgでも無料で学べるCSアンプラグド CS教育はイギリスやアメリカなど欧米を中心にすでに世界中で行われていて、小学生から学び始めている学校も多数あります。一方、日本人にとっての課題のひとつとして、プログラミング関連の一次情報は英語であることも多く、日本語に訳すことで分かりづらくなったり、学び続ける過程で必ず英語が必要になるという点も。プログラミングに限らず、よりボーダレスな時代を生きていく子どもたちにとって、英語力は必要なスキルのひとつであることは言うまでもありません。