keisui.com
未知との遭遇-Ⅱ
未知との遭遇と言うものは、もう少しミステリアスでなくては。やはり、「こんなの見たことない。これは何?」という要…