kajiyamashiori.info
カジヤマシオリは何屋さんなのか(ご報告も兼ねて)
お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。 2017年に、完全フリーランスになってから1年。 ずっとライター(+カメラ)一本で仕事してきましたが、 2018年10月~シェアオフィスの受付バイトも並行してやることになりました。バイト+フリーランスライターという感じで。 今のところ、キャパシティオーバーせずにやれています。双方ともに半々くらいの割合でやってますよ。 その時点でもう、一概に「私は専業ライターです」とは言い切れないですよね。 同時に、受付バイトを通して知り合った方から「あれやって!」「この仕事を任せたい」ってお声がけいただくことも。 今までそうやって仕事をもらったことが皆無で、必要とされることはとてもありがたくて、泣きそうなくらいなんですが… どれもライターじゃないんですよね…(笑) そりゃそうか、ライターと受付バイトって仕事内容違うもん。 現在、メインとなるのが… シェアオフィスの受付(事務)と、ライター業(+カメラ)。 今後はそれ以外のジャンルのお仕事も入りそう。 ね…この状態、カジヤマシオリって何屋さんなんでしょうって感じ。 バイト開始してから、しばらく考えていました。 なんで受付バイトを引き受けたのか 今まで、ライター業に「これでもかっ!」てくらい全力でこだわってきました。 今回、シェアオフィスの受付のお話をいただいて… 最初は「ライター業じゃないから。もうオフィスワークはしないと決めたから」とお断りするつもりでいました。 だけど、お世話になってる人からの紹介だったので、一度考えてみることにしました。 同時に、今までライター業にこだわってきたこと自体も、見直すことに。 ライター業にこだわってきたのはなぜだったのか? それは、ライター業で生活できれば、ヨーロッパ(=自分にとって居心地の良い場所)で過ごせると思ったから。 別にヨーロッパに限らず、自分の望む場所で、望む生活ができるはずだと。 「自分は発達障害者ではありません」と周りに嘘をついて、精神をズタボロにせず済むはずだと。 過去に発達障害を隠して就職したものの、ストレス