kajiyamashiori.info
【ウラジオストク】(噂には聞いていたけど)行ってみて驚いたことまとめ
お世話になっております。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。 ウラジオストクに1週間近く滞在していると、 今まで見てきたヨーロッパではない、もちろんアジアでもない光景が広がっていました。 ネットやガイドブックで事前に知ってはいても、いざ現地で目の当たりにすると、驚くことばかり。東京から2時間半のフライトで、こんな体験ができるなんて…! ウラジオストクといえば、なことや、そうでないことまで… 私の備忘録としても、残しておこう。 美人が多い 「ロシア美人」とは言いますがね… アジアに近いウラジオストクでも、例外なく。 着飾っていたり、メイクばっちりしたりしてなくても美しい人が多い。 そりゃ日本人とは遺伝子レベルで違うってのはわかってるけど… それでも、なんでだろうね。年齢問わず美しい人が多いぞ…! なんでみんなそんなに綺麗なのだ…! どこの国にも一定数の綺麗な人はいると分かってはいてもねえ。 【意外】ジョージア料理、美味しい! ウラジオストク (地球の歩き方Plat) [ 地球の歩き方編集室 ] 楽天で購入 ガイドブックをめくると【ウラジオストクで食べるべきグルメ】に ロシア料理といっしょに、ジョージア料理が紹介されていました。 ロシア料理やないんかいって(笑) ジョージア(旧グルジア)とは、コーカサス地方の国。黒海に面していて、古くから温暖な気候を活かしたワインづくりがさかんです。 あと、旧ソ連の国ですね。スターリンの出身地なのか 旧ソ連の国といえば、モルドバとウクライナに行ったことがあるから、なんだか親近感ありました。 興味津々で、ジョージア料理を満喫しました。 肉汁いっぱいの牛肉をつつんだヒンカリ。 餃子のようだけど、餃子よりもがっつり系。ジューシーでスパイシー ハチャプリ。具をパイで包んだ、ピザのような、ピザじゃないような。 とにかくボリューミーです。