kajiyamashiori.info
【ウラジオストク】レトロな遊園地の観覧車には窓がなかった+ちょっぴりトイレ事情
お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。 ウラジオストクを街歩き中、高台にある要塞博物館を目指していたら急に と予期せぬトイレタイムが発動(Y氏あるある)。 日本じゃないからコンビニはないし、カフェに入ってトイレを借りるなんて悠長なことしてる暇ないし(周りにカフェはなかった)… たぶんホテルに戻ってるあいだにタイム・オーバーだし、微妙に中心部から外れたところにいるし… 公衆トイレも見当たらず。 そんなとき、目についたのはなんと遊園地!入るだけなら無料だそう。 さすがに遊園地の中にはトイレあるやろ、と走って遊園地にかけこみました。 遊園地内のトイレは正門(私が入ったのは裏口)のすぐそば。 画像右端の建物の裏側にあり、有料でした。たしか25ルーブル(約50円)。 トイレにお金を払うの、ヨーロッパではあまりめずらしくないけど、初ヨーロッパのY氏にとっては初めての経験だったようで、 あっけにとられていました(笑) がまんできればトイレ探しを続けたと思うけど、ガマンの限界につきお金を払ってトイレへ消えていきました。 予期せぬトイレタイムはY氏あるあるなので、待ってる間、遊園地をふらふらしてみることに。 ウラジオストクの遊園地 メルヘンなつくりのアトラクション、おそらく波の上を貝のカタチをしたゴンドラがすごい速さでぐるぐる回るやつ。 中心には海の王様とおぼしき人形。 カラフルで大がかりなんだけど、ちょっとシュールじゃありませんか。 遊園地の裏口近くにあったアトラクション。 動いているときは、遠心力でブランコがたいへんな速さでぶんぶん回るやつです(説明が下手)。 動いてないときってただのオブジェ。ちゃんと身長制限があるそうです。 後ろにあるメリーゴーランドには乗っている現地の家族がいましたよ。 なんというか、日本の遊園地にあるやつよりもカラフルな気がしませんか。 赤とか黄色とか青とか多くないですか。目がちかちかする たくさんアトラクションがありましたが、ほとんどは停止していました。 中にはカバーがかかってて、動かす気がなさげなものも…