kajiyamashiori.info
【ウラジオストク】話のネタに!「塩チョコ」「海藻チョコ」食べてみた
お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。 ロシア・ウラジオストクで山のようにお土産を買ったなかでも、 ガイドブックで見かけて気になっていたのが「塩チョコ」と「海藻チョコ」。 ウラジオストクが本社のチョコメーカーが生産していて、もうご当地チョコの雰囲気(笑) 好奇心でしかないのですが、職場でお世話になってる人に頼まれたというのもあって、ね。 お土産、話のタネにもなる!? 塩チョコ・海藻チョコ、食べてみました。 「塩チョコ」はジャリジャリ感が美味しかった ちょっとは味の想像がついてる「塩チョコ」。日本でも塩の入ったチョコはめずらしくないし。 チョコの中に塩の粒がダイブしていくデザインのパッケージ。高級感があります。 大きいサイズは150ルーブル(約300円)ほどと、日本のスーパーで売ってる板チョコの2倍ほど… とても美味しいんだろうと期待をこめて… チョコに使われている塩はウラジオストク近海のものです。 お土産にぴったりなフィーリング。自分でも食べればええねん、となぜか4枚も購入してしまいました… 封を開けてみると、派手にクラッシュしていました。ばらばら 質感はほんとうに板というか、パリッパリ。 (固いというよりもパリッパリ。歯でかじって食べるぶんには問題ない固さです) こういうチョコは衝撃に弱いんだと思います…ちゃんと梱包してスーツケースに入れてたわけじゃない、とはいえ… 割れたチョコを渡せたらどうなるか…という間柄の相手には渡さないほうがいいかと… 食べてみると「じゃりっ」って音がしました。砂をかんだときのイヤなじゃりじゃり感ではなく、食べてて楽しい感じのじゃりじゃり感です。 単に塩辛いのではなく、マイルドなしょっぱさです。甘さひかえめのチョコの甘さを完全に消し去らない程度の塩。 でも、ずっと食べてるとしょっぱいのが口の中にたまりつづけて、塩辛くなってきて「もういいや」ってなってしまいました。 じゃりじゃり感のある食感は楽しかったのにな…