kajiyamashiori.info
【ウラジオストク】現地の人に交じって教会のミサへ。「プラトーク」デビューしたよ
お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。 ウラジオストクというか、東ヨーロッパの国をめぐるときに楽しみにしてること。 それは、現地の人に交じって教会で祈りを捧げること!できればミサ(礼拝)にも参加したい! モルドバやウクライナにいたときもやってたよ。 静かな空間で自分自身と向き合うこともだし、祭壇画やイコン(聖像)を見るのも好き。 でもね、東ヨーロッパにある「東方正教会」って呼ばれる教会に立寄るときは、女性は頭に布をまかなきゃいけないしきたりがある。「ほっかむり」みたいな感じで。 (今までは現地の知人に借りてました…) 今後、東ヨーロッパをめぐる機会が増えるかもしれないから。 このたびウラジオストク行きが決まり、日本ではなく現地のお店で調達することを決めたのです。こういうところから楽しまなければ!! 現地で調達するまえに知っておきたい豆知識や、調達できる場所もあわせて紹介します♡ ロシア正教会を見学するときのマストアイテム「プラトーク」 さて、現地の女性たちが頭にまいてる布。ショールとかスカーフとかバンダナでもじゅうぶん意味は通じますが… ロシア語では「プラトーク」というらしいです。 ロシアだけでなく、モルドバやウクライナなどの旧ソ連圏でも、女性が教会へ行く際には頭にまく習慣があります。 モルドバで滞在していた田舎のおばあちゃんも、みんなこれを頭にまいてました。 あの定番ロシアみやげにも、プラトーク プラトークを身に着けるイメージがわかない方へ。 ロシアみやげでおなじみ「マトリョーシカ」も、たいていプラトークをまいてます。 ずきんのようにかぶっているやつ、あれはプラトークです。よく見ると、顔の下に結び目みたいなのない?? うちのマトリョーシカたんも、真っ赤なプラトークを身に着けて。 真っ赤なプラトークに、おおきな一輪の花。 総柄もいいけど、一輪の花が映えるデザインも素敵です。