kajiyamashiori.info
【韓国】現代アートにどっぷり浸れ。ソウル「サムスン美術館Leeum」に行ってきた
お世話になります。カジヤマシオリです。 大邱からソウルに戻ってすぐ「サムスン美術館Leeum」を訪れました。 展示室内には、世界中のアートが集まっています。 古代から現代まで、時代を問わず。あらゆるアートに触れられて、とってもぜいたくな時間でした。 実は、入館料、払わなくても楽しめたなーという展示が多かったです。 (もちろん、払った方が現代アートにどっぷり浸かれるけど) その理由とあわせて、全部見るのに何時間かかる?とかおすすめのアクセス方法も。 入館料を払わなくても楽しめた理由 厳密には…サムスン美術館Leeumは、入館料を払う前から楽しい場所でした。 チケットを見せて展示室に入る前から、アートの数々が出迎えてくれます。 だって、美術館の外からアートなんだもん。 ゆらめくネオン看板、これもアートです。 ローラン・グラッソというアーティストの「未来の記憶達」。 ネオン・インスタレーションというアートなんです。現代美術を展示する、MUSEUM2の外壁についています。 ネオンがその都度ゆらめくのは、さっきまでの過去と鑑賞している今、その後に存在する時間を考えさせるため。 なるほど、マルセル・デュシャン賞を受賞したことのあるアーティストが手掛けたのか…! 身体が不自由な人でも安心の、段差のない入り口。 ここからすでに、アートは始まってます。 宮島達男という、日本人アーティストが手がけた可変インスタレーション。 数字は点滅しながら変化し、私たちとの時間の関係性を考えさせられます。 美術館ロビーにも、映像作品や現代作品が置かれていました。展示室でひたすら現代アートに浸ったあと、ぽけーっと眺めて過ごしました。ぬけがら 美術館はバリアフリー。エレベーターや段差のないスロープを完備。 うず巻くスロープの中心にも、現代アートがぶらさがっていました。 チェ・ジョンファが手掛けた「錬金術」という作品。 カラフルなきらめきのビーズをぶら下げただけに見えたけど、これもメッセージ性のあるアート。 錬金術というタイトルどおり、単なるプラスチックのモチーフが、空から降ってくるきらめきみたいに仕上がっています。