kajiyamashiori.info
【ウラジオストク】最初の晩餐は老舗レストラン「ポルトフランコ」で
お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。 ウラジオストク滞在1日目、夕方に日本から到着し、ぶじホテルへのチェックインを終え… 最初の晩餐に選んだお店は「ポルトフランコ」 たった2時間半のフライトとはいえ、はじめてのヨーロッパ。そういやロシア料理、食べたことないんだっけ。 と、Y氏といっしょにノリノリで注文したのはこちら。 ロシア料理といえば!なボルシチと、ソリャンカ(牛肉バージョン)。 お疲れだから、あったかやさしいスープがいいよね、と。 やっぱり「ボルシチ」 350ルーブル(約700円) ロシア料理といえば「ボルシチ」らしいです。Y氏は迷わずコレを注文していました。 ウクライナでもボルシチ食べたことがあるから、私はそこまでロシア料理なイメージがないのかも。 赤いスープがたっぷり。具材はにんじんやキャベツ、タマネギと細切りの肉がメインです。 安定の、素材のうまみが染み出したおいしさです。とにかく具がたっぷりです。 スープにはサワークリームとパンつき。なんかパイみたいな見た目のパンだった。 サワークリームはお好みで、スープにとかして。 おやおや、抵抗があるみたい。 東欧諸国では、スープといえばコレ!って存在だけどね。 牛肉のうまみ!「ソリャンカ」 410ルーブル(約820円) 私もボルシチにしようかと思いましたが、あえて別のスープを食べてみることに。 同じくロシアの伝統的なスープです。 魚バージョンもありましたが、お肉を選んでみました。 カットレモンがお皿のふちにグサリ。 こっちのスープの赤いのは、ビーツではなくたっぷりの香辛料だそう。じゅるり 案の定、とってもスパイシー!でも痛いようなスパイシーさじゃなくて、スープのうま味としっかりなじんでいるような。 ボルシチと同様にサワークリームつきです。 サワークリームをとかすと、辛みがちょっとまあるくなるような気が。