kajiyamashiori.info
【ウラジオストク】本格揚げピロシキをテイクアウト。「ピラジョージニッツア」
お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。 ウラジオストクで泊まってたのは、朝食サービスのないホテル。 朝食は近くのカフェレストランでとることが多かったのですが、 テイクアウトして外の階段に座って食べる、ってことも体験しました。 そんな朝食におすすめなお店を発見! ピロシキ専門店の「ピラジョージニッツア」です! ロシアといえば、な名物ですよね。ピロシキ。 野菜やお肉などの野菜を中につめたロシアのパン、と説明すればいいかな。 ウラジオストク駅、港がすぐそばという好立地。 私が泊まっていた「マリンウェーブ ホテル」からは徒歩10分。 観光スポットの集まるエリアにも近いです。 ショーケースにはたくさんのピロシキがずらり。わくわく。 これを指さしてもいいけど、値札にはロシア語だけだし、具材がわからないよね。 ってことで日本語メニューを用意してもらいました! スタッフさんに「Japanese?」と聞かれ、返事したら用意してくれた。 やっぱり日本のガイドブックに紹介されてから、日本人のお客さんが増えたそうで。ガイドブックのページの切り抜きがメニューに載ってたよ。 ウラジオストク (地球の歩き方Plat) [ 地球の歩き方編集室 ] 楽天で購入 サーモン入り、米入り、リンゴジャムやこけももなどの甘い系…気になったけど すでに揚げてあるピロシキを、レンジで温めなおして渡してくれました。 ペーパータオルも何枚か渡してくれます。 ピロシキはビニール袋入り。揚げたきつね色が食欲そそります。 私はおかずパン系の中で、いちばんオーソドックスそうなこれにしました。 千切りキャベツとにんじんが入ったおかず系。35ルーブル(約70円)です。 味付けは濃くないけど、ピリッとコショウがきいてスパイシー。素朴な味やなあ… もっちりめの生地が美味しい。