kajiyamashiori.info
【ウラジオストク】人気のバー「ムーンシャイン」は、紅茶やコーヒーも本格派だった
お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。 ウラジオストク滞在は、夜も楽しかったです。 ホテルの近くのレストランやバーで夜な夜な、おいしいグルメやお酒に舌鼓。 あまりお酒は強くないけど… このガイドブックを見ながらそわそわ。 ウラジオストク (地球の歩き方Plat) [ 地球の歩き方編集室 ] 楽天で購入 美味しいお酒に目がないのは、ウラジオストクでも健在ですね。 楽しそうにしてくれるならいいか、と酒豪・Y氏とともにバー「ムーンシャイン」へ行ってきました。 これね、お酒飲めなくても行くべきですよ! だって、美味しいお酒だけじゃなかったんだもの! 技の光るニュールシアンと、ポップなロシアン・スプリング・パンチ 18時前、まだ明るい時間帯。テーブル席に通されました。 ほかにだれもお客さんはいない(一番乗り)。はじめてのバーは、なんか緊張するよね。 英語メニューを持ってきてくれたけど… そういや、ルシアン=ロシア人、やもんね。ロシア名物ウォッカを使ったカクテル。 でも、メニューに載ってないけど? うーんと迷っていたら、バーテンの渋イケメンがやって来て。 ダメ元で と聞いてみるも、なんのこと?みたいな反応。 いろいろ伝えてみるも「カルーアはないな、似たようなやつ作ってやるよ。コーヒーの味でおもしろいぜ」って返事が。じゃあそれでいいや、と。 テーブル席から、カウンターで腕をふるうバーテン氏を凝視するY氏。 (明らかに見過ぎ) だって、おっきなボストンシェイカー(って言うらしい)で豪快にシェイクして。 渋イケメンがつくるカクテル、やばい。私も見過ぎだったかも。 テーブルまで持ってきてくれたのは「ニュールシアン」 ルシアン=ロシア人、という名前のとおり、ロシアのウォッカを使ったカクテル。透明感がすごい。 夕方のウラジオストク、外の光が乱反射してよりおしゃれに輝いてるような。