kajiyamashiori.info
【保存版】フェルメール作品を徹底解説!~マウリッツハイス美術館編~
お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です! 以前、アムステルダム国立美術館へ行くなら知っておきたい、フェルメール作品の解説をしました。作品の技法やモチーフひとつひとつに注目して解説しています。 だいぶ日があきましたが、次は同じオランダにあるマウリッツハイス美術館にあるフェルメール作品を解説したいと思います。美術館の説明もちょこっとね。 オランダで「フェルメール作品を見て回る旅がしたい!」「オランダの美術の歴史が知りたい!」「美術館めぐりがしたい!」って人は必見ですよ。 マウリッツハイス美術館 オランダの政治・経済の要所、デン・ハーグにある「マウリッツハイス美術館」。 規模こそアムステルダム美術館に比べると小さいけれど、16~17世紀のオランダ絵画が一堂に集う、アートファンにはたまらない空間です。キリストや聖書の内容を描いた宗教画よりも、日常風景を描き出した風俗画が展示のメイン。 そして内装もすばらしい。もともと貴族の邸宅だったそうで、きらびやかで中世風のデザイン。この空間ですばらしいフェルメール作品が見れるのはかけがえのない体験になりますよ! ということで、フェルメール作品の解説にうつります。 真珠の耳飾りの少女(1665年ごろ) 「あ、この作品知ってる!」という人も多いのではないでしょうか。 もはや有名すぎるこの作品。日本で展示されると決まってウン十分待ち。ですがマウリッツハイス美術館なら、待ち時間どころかほとんど混んでません。 少女が顔だけをこちらに向けているというシンプルな構図に、輝きやドラマ、美しさをエンドレスに詰め込んでいます。 彼女は青いターバンを頭にまき、耳には大きな真珠のイヤリング。耳元は光が当たっておらず、パールの輝きだけが浮かび上がっています。なぜこんなに魅惑的で、美しいんだろうか… (adsbygoogle = window.adsbygoogle || 「真珠の耳飾りの少女」を鑑賞するなら、こういう作品からいろいろ想像するのも楽しいと思います。フィクションだといわれればそうなんだけど、それでも思いをはせるのって楽しい。 デルフト眺望(1660年ごろ)