kajiyamashiori.info
【ハンガリー・ブダペスト】現代写真の美術館「マジャル・フォトグラーフショク・ハーザ」に行ってきた
お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。 ガイドブックにはあまり載らない、ブダペストの素敵なスポットをまたまた紹介します。 「マジャル・フォトグラーフショク・ハーザ(Magyar Fotografusok Haza)」は、センスのよさが光る小さな美術館です。 アールヌーボーな美しい雰囲気の建物内では、現代写真の展覧会が開かれています。 趣向を凝らした展示方法とともに、写真の奥深い魅力を満喫しました。 ブダペストの繁華街に面した、「マイ・マノー・ハーズ(Mai Manó Ház)」という建物の3・4階にある美術館です。 展示内容は定期的に変わります。私が訪れたときは、ヴィヴィアン・マイヤー(Vivian Maier) という女性写真家の展覧会がおこなわれていました。 アマチュア女性写真家の先駆け。ヴィヴィアン・マイヤーとは ヴィヴィアン・マイヤーとは、1926年にアメリカで生まれたアマチュア女性写真家。 写真家として脚光を浴びることなく一生を終えますが、死の直前に倉庫に眠っていたフィルムがオークションにかけられたことがきっかけで、彼女の才能は評価されました。 ヴィヴィアン・マイヤーを探して [ ヴィヴィアン・マイヤー ] 2015年に公開された「ヴィヴィアン・マイヤーを探して」という映画が有名です。 フィルムの発見から彼女の人生を調べ、写真集を出版するまでのストーリー。 映画を見てから行けばよかった!と心の中で肩を落としました(結局今も見れてない)。 彼女はアマチュアでしたが、展示からはプロとそん色ない技術と斬新さを持ち合わせていたことがわかります。 構図にこだわり、新しい撮影方法を試しています。 どうやって撮ったんだろ…と引き込まれるような作品ばかり。 だけど、奇をてらった感じはなく、ただ美しい。 ほとんどの人がカメラを持っている現代でこそ「自撮り」をすることはごく普通ですが… ヴィヴィアン・マイヤーが活動していた時代はそうではありません。 にもかかわらず「自撮り」をしているような作品がいくつも展示されていました。 車のサイドミラーに自分を映し、カメラを構える。