kajiyamashiori.info
【ウクライナ】世界遺産・リヴィウの街を、塔の上から見るか
お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。 ヨーロッパ旅では、街一帯を高い塔の上から眺めるのが好きなんです。高所恐怖症のくせして。 ウクライナ旅の後半に訪れたリヴィウの街も、世界遺産ときいて「上から見下ろしてみたい!」とわくわく。 旧市街一帯を見渡すには、街の中心にあるルィノク広場へ。 そこの市庁舎にある塔にのぼれば、すばらしい景色が待っています。 のぼるまでの様子や、そこで見た景色を紹介します♡ 塔にのぼって旧市街を見渡すには、まず市庁舎へ。 ルィノク広場の中にあるこちらの建物。ベージュ色の落ち着いた雰囲気です。 同じ建物内に、観光案内所も入っています。 目の前をおもちゃみたいなかわいい列車が走っていて、かわいかったです。 さて、市庁舎の1階からのぼっていきましょう… 塔の入り口は、市庁舎の中にあります。 階段をのぼっていくと、こんな感じの矢印看板が見えます。 ていねいに8か国語で説明書きが。さすがに日本語はないか~ その看板にそってすすむと、塔の入り口が見えてきます。 真っ白な壁、余計な装飾はない。ほんとに市庁舎です。 夕方に行ったからか建物の灯りがついてなかったんですが、看板の灯りはついてました。それを目印に。 入り口のそばにある受付でチケットを購入。 ここまでも階段をのぼってきましたが、本番はここからです。 古くて急な階段を、ひたすらのぼっていきます。 え?エレベーターはありませんよ。高さ65メートルのところまで、階段で目指します。 ひたすらぐるぐるぐるぐる… 本当に、塔の中をのぼっているのね、と実感しました。 途中で、塔の鐘のからくり的な部分に遭遇しました。 時計版もついてます。さすがに動いてませんでしたが… 塔の上へと続く階段も、最期のほうはこんな感じです。 めっちゃ狭いし急です。階段は下りと上りで分けてないので、他の人がおりてきたらゆずりあわなきゃいけなくなります。