kajiyamashiori.info
【ウクライナ】世界遺産・聖ソフィア大聖堂。見どころや、塔の上から眺める景色を紹介!
お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。 2018年4月に訪れた、ウクライナの首都・キエフ。 ホステルへのチェックインを終え、まず向かった「聖ソフィア大聖堂」。 11世紀にこの地を支配していたキエフ・ルーシ最大の聖堂として、建てられました。 世界遺産として、ペチェールシク大修道院とともに登録されています。 内部は撮影禁止でしたが… 大聖堂の周りは緑にあふれていて、市民の憩いの場に。すぐそばには、大聖堂を上から眺める塔も。 キエフの歴史を物語る、聖ソフィア大聖堂を紹介します。 【キエフ最古の教会】聖ソフィア大聖堂 聖ソフィア大聖堂は、もともと11世紀に建てられたもの。 当時、大公としてキエフ・ルーシをおさめていたヤロスラフ1世が、他民族との戦いに大勝利した場所に建てたと言われています。 もともとはビザンツ様式(今のトルコで主流だった様式)で建てられましたが、略奪やキエフ・ルーシの滅亡をへて、しばらく廃墟状態に。 16世紀に外身をバロック様式で、内装は当時のままを保存して修理が行われました。 ということで、今の建物は16世紀の姿。確かに、美しさの中にも力強さを感じる見た目です。 とはいえ、外壁の一部分は、11世紀のころの様子を残したままに。 茶色いレンガ色の部分がそうです。全部真っ白にするんじゃなくて、あえてこうしているんだとか。 建てられた当時は、今と全く違う姿だったことが想像できます。 大聖堂の中に入る前に、まずは周りを歩いてみてほしいです。 歴代の大公たちに関する儀式や、異国使節団の接待場にもなった大聖堂。 キエフ・ルーシ初の図書館と大学もこの中にあったとか。長年にわたり、キエフの歴史を見守ってきた、重要な場所です。 大聖堂内のみどころ 内部は撮影禁止でしたが、壁画やモザイク、フレスコ画は見逃せません。 今の建物は18世紀に造りかえたときの姿ですが、内装は11世紀のものがいくつか残っています。 また、11世紀ごろのビザンツ様式の外観を再現した模型も展示されています。