kajiyamashiori.info
「Japanese Know The Truth?History Know The Truth?」
お世話になっております。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。 ソウル・仁川国際空港に降り立ってから、電車で中心部に向かうまでに、まず目にしたもの。 車窓からの風景や行き交う人々ではなく、車内で流れていた映像が強く、脳裏に刻み込まれました。 それは、とおい昔の資料や映像をもとに「独島は韓国のものである」と主張しているものでした。 独島とは、日本海に浮かぶ島のこと。独島は韓国での呼び名で、日本では「竹島」と呼ばれています。 長年、このひとつの島をめぐり、日本と韓国の間で認識が異なることをご存じでしょうか。 ソウル中心部に向かう、電車で見かけた映像について。 私が車内で見た映像は、字幕はすべて韓国語や英語でした。 だから、正確にはその意味を理解できていないと思います。 ですが、雰囲気や映像だけでなんとなく読み取れるものはありました。 日本人に直接考えを改めろというよりは、その他の国の人々に訴えているような感じがしました。日本人をメインターゲットにしているなら、日本語も併記しておけばいいし。 観光でお金を使いに来ている日本人の目に入るのは、都合が悪いということでしょうか。 観光で訪れているなら、アンチ的な感情を持っている人は少ないでしょうし。 確かに、その映像が原因で反韓感情を持たれたら、観光による経済効果が期待できなくなるかも…と危惧してもおかしくないですね。 さらに、映像で協調されていたキャプションは 「Japanese Know The Truth」 「History Know The Truth」 =「日本や歴史は、真実を知っている」 これを韓国側の主張とつなげると、ここでは、真実=独島が韓国の領土だと訴えていることがわかります。 その真実を、歴史や日本は知っているはずなのに、なぜか「竹島は日本の領土だ」と主張していると。日本は歴史の真実に背き、嘘の主張を繰り返していると。 20世紀の半ばから、韓国が実行支配を続けていることに、日本側は「不法占拠」と抗議しています。 しかし、韓国側は「韓国の固有領土だから、日本に抗議される立ち合いはない」というスタンスをとっているようです。 映像でも、そのことを繰り返し訴えていました。