kajiyamashiori.info
ヨーロッパ旅を楽しむために、長時間フライトの基本は「寝ない」。
お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。 日本からヨーロッパへ飛行機で行くとなると、長時間(直行便・乗継問わず10時間前後~)のフライトは欠かせません。しかし というY氏のような不安を聞くことも時々あります。 10カ国以上ヨーロッパを旅すれば慣れるよ、というアドバイスは旅慣れてない人の参考にはならないから。 もう少しマシなアドバイスをしようと思います。 【基本】(ほとんど)寝ません 長時間フライト、「寝てればあっという間」と考えている人もいるかもしれない。 でも、私は(ほとんど)寝て過ごすことはないです。 まったく寝ないというわけではないですが、寝てる時間はほとんどありません。 もともと薬の副作用などで長時間ぐっすり眠るのが難しい体質もしかり、 イレギュラーな状況では眠りにくい体質もしかり。 でも、体質だけの問題じゃないです。わりと意識して寝ないようにしてます。 寝たとしても10時間超のフライト中2時間くらいでしょうか。昼寝レベルやね それ以外はうとうとしたり、機内エンタメ設備を満喫したり(これが長時間フライトの楽しみだったりする)、 パソコンで仕事したりして、エトセトラ、エトセトラ。 最低でも10時間以上、というヨーロッパへのフライト時間を聞いて、 と驚愕する人もいるかと思うので、ちゃんと理由を説明します。 寝ない理由は個人的な理由もあれば、旅慣れた人「あるある」も。 【寝ない理由】時差ぼけがひどくなるから 長時間フライト中にムリにでも寝たときと、意識して寝なかったとき。私的には後者のほうが時差ぼけしない感じがする。 個人差もあると思うけど、寝ないほうが現地で調子よく過ごせる気がする。 もう一度言うけど、これは個人差のあることだからな! 私より旅慣れた人と話してて「あるある」って盛り上がりやすいことのひとつだから、旅慣れた人あるあるだと勝手に思ってるけども! 【寝ない理由】無理に「寝て時間が過ぎるのを待とうとする」とつらい 寝れないとき、無理に寝て「寝て起きたら到着してた」って経験はしたことがない。 フライト中でなくても、寝れないときはほんと寝れないのが人間なのでは…?