kajiyamashiori.info
【オランダ】エンドレスに引きずりこまれる…デン・ハーグ「エッシャー美術館」の魅力
お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。 大好きなオランダで訪れた美術館を振り返り。 今回は、デン・ハーグにある「エッシャー美術館」を紹介します! エッシャー作品の宝庫!2階エリア エッシャー美術館という名前なだけあって、2階の展示はエッシャー作品がメイン。 どこまでもえんえんと繰り返されるような幾何学的なデザインが特徴です。ここで見た作品は、モノクロのものがほとんど。 DNA細胞みたいにねじった対象的な作品が、この緑の壁の部屋には多かったです。 ふたりの少年の肖像が、リボンをほどくようにしてばらばらに。 人を描いているのに、こうやってばらばらにしちゃって、中の空洞が見えてる。。。伏し目がちの表情がメランコリック。 背景が黒で、球体が浮かんでいるからか、どこか宇宙空間にいるような感じ。ふよふよ 有名なリトグラフ「House of Stairs(階段の家)」(1951年)。ひとつの空間に、何個もの階段が無限に続く。 遠近法を巧みにあやつった作品です。どこを中心に見ればいいのかわからなくて混乱してしまいました。 階段のうえをゆく、いもむしのような、恐竜のような生き物。これは「カールアップ(curl-up)」という生き物です。 エッシャーによる架空の生き物。 階段を降りたあとは、でんぐり返しをして右に消えていく。 犬や猫を上り下りさせるよりも、関節のなさそうな生物にしたほうがおもしろいもんねー。 私がとくに目をひかれたのはこちら。「物見の塔(en:Belvedere)」(1958年)です。 あまり奥行きは感じられない塔で、貴族風の衣装や道化師風の衣装を身にまとった人々が過ごす日常。 しかも、下段には囚人がいるし。長椅子にすわって、手に持った立体と図面を眺めている男性の姿が印象的でした。 これ、エッシャー自身…? ベルヴェデーレ、といってもオーストリアのベルヴェデーレ宮殿をモデルにしたのではなく。 背景は、エッシャー自身も訪れたイタリアの山脈です。