kajiyamashiori.info
【ウラジオストク】極東ロシアで食べるジョージア料理。「サツィヴィ」
お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。 ウラジオストクで楽しみにしていたこと。それは ウラジオストクって、ロシア料理はもちろん、その周辺の国の料理も楽しめる。それがめっちゃ魅力的。 すでにジョージアワインは初日の晩に楽しんでますが、どうせならグルメも楽しみたいよね。 意気揚々とジョージア料理レストラン「サツィヴィ(Сациви)」へ行ってきました。 もともとハバロフスクでも人気のお店なんだそうな… 入り口は手前の白い建物に、お席は奥の赤レンガの建物にって感じ。 ドアをくぐり、クロークにアウターを預け、階段の下に案内され… なんだかエキゾチックな内装ですね。ヨーロッパ風ではない、カラフルでエキゾチックな。 カジュアルな雰囲気のレストランです。 ウラジオストクのガイドブックを見ていて、気になっていた料理から注文。 メニューは日本語表記あり。ちょっとカタコトだったけど、詳しく説明が書いてありました。 最初はスープ系から。 2種類頼みましたが、それぞれ全く違う味わいだし、量もたっぷり! ハラチョ・スープ 300ルーブル(約600円) 子牛肉と香辛料、野菜等を煮込んだスパイシーなスープ。 ガイドブックにも載ってました。ってことはジョージア料理でいちばんポピュラーなスープなのかな? 香辛料でちょっと赤みを帯びています。 スパイシーなんだけど、やさしい味でした。 野菜がとろっとろになるまで煮込んである。野菜のメインはタマネギだったかな? 具だくさんというよりもとろとろ系でした。 ツィツィラ・スープ 260ルーブル(約520円) 自家製のヌードルと卵を加えたチキンスープ。にんじんとチキン これがですね…以前モルドバで食べたスープ「Zeama」にそっくりだったんですよ!