kajiyamashiori.info
【ハンガリー】もう一度訪れるなら?妄想ブダペスト1日観光/のんびり下町ふらふら編
お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。 2017年末に1週間ほど滞在した、ハンガリー。 2018年末、自分の旅を思い返してみて「もう一度行きたい!」という思いが強くなりました。 そこで、再訪を願って… もう一度、1日だけ滞在できるならどうする?という妄想トリップをやってみます。 妄想とはいうけど、実際の経験をもとに妄想した1日の過ごし方だから、ブダペスト滞在の参考にもなるはず。 ブダペストでの時間が心地よすぎて、何パターンも1日妄想トリップができちゃいました(笑) ひとつのテーマでくくって、何回にわけてお届けします。 第1回目は「のんびり下町ふらふら編」です。ん、ブダペストの下町ってどのへんだ? ブダペストの「下町」エリア、ペスト7区を歩く 下町情緒あふれる風景といえば… ブダペストでは、おもにペスト7区のことをいいます。 ブダペスト中心部をふたつに分けるドナウ川から、東側のエリアです。 ドナウ川のきらめきや中世の豪華絢爛な建物はないけど、ゆったりした雰囲気と、クラシカルな装いの建物が並ぶ街並み。 夕方に歩いていると、なんかノスタルジーな気分になるんよね。 範囲は、ドハーニ街シナゴーグからブダペスト東駅、市民公園のすぐそばあたりまで。 北はキラーイ通りから、南はラーコーツィ通りくらいまでです。 11:00 ちょっと遅めの朝ごはんを「Cirkuz Café」で。 ペスト7区では、たくさんカフェやバーを訪れました。 なかでも、気に入ったのが「Cirkuz Café(サーカスカフェ)」です。 もう、くどいくらい「おすすめ」したけど、もう一度。 ここで食べたエッグベネディクトがたまらんかった! 丸いパンの上に、ベーコンと半熟ぷるんぷるんたまご。 さらに、たっぷりとチーズソースをのせて。 ハンガリー名物のパプリカパウダーもかかってます◎ くどくない絶妙チーズソースと、半熟たまごが絡み合う~ けっこうなボリュームなので、遅めの朝ごはんにして、夜まで突っ走りたい気分です。