kajiyamashiori.info
【ウラジオストク】私がオーロラ航空を航空を選んだ理由
お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。 成田空港からウラジオストクへ行くのに、オーロラ航空を利用しました。 2019年現在、日本―ウラジオストクを結ぶ空の便は、オーロラ航空とS7航空が就航しています。 それぞれ就航する曜日や時間、都市がびみょーに異なるんですが。 どっちを利用するか迷ってるかたも多いのでは? 実は私、オーロラ航空親会社のアエロフロート・ロシア航空にはちょっとしたトラウマがあり。 (実際にオーロラ航空に乗ってみた感想とともに、トラウマについても触れてます↓) そんなにアエロフロート・ロシア航空にトラウマがあるなら、S7航空使えばええやん!って言われそうだけど。 たしかに、S7航空のほうが運賃がちょっと安いんですよね(2019年現在。時期にもよると思いますが)。 S7航空のほうが安いし、アエロフロート・ロシアにはトラウマがある。 なのにS7航空ではなく、オーロラ航空を利用してウラジオストクへいったのはなぜ? 少しですが、理由がちゃんとあります。 とるに足らないかもだけど、迷ってる方はぜひご覧ください。 ①預入荷物が無料!(S7航空は追加料金が必要) オーロラ航空を利用すれば、荷物がひとつ無料で預けられるんです!(23キロ以下) これが一番の理由です。 5泊6日、ランドリー施設のなさそうなホテルにがっつり滞在。 着替えの入ったおおきなスーツケースを持っていくことになったので、かなりありがたかったです。 おみやげもたくさん買って帰ったしね!重たいワインやウォッカも買って帰ったしね!! 帰国前にはスーツケース13キロくらいあったで(笑) アエロフロート・ロシア航空で無料で預け入れOKな荷物の範囲 ・ひとつ23キロ以下 ・三辺の合計が158センチを超えないもの 相当大きいスーツケースでなければ、余裕で範囲内ですね(笑) 23キロを越えれば、カウンターで追加料金を払うことになるかと思います。 対してS7航空は、預け入れ荷物が有料です。 事前にウェブサイトでチケットを購入しておくか、空港で払うかになります。