kajiyamashiori.info
【ウラジオストク】オーロラ航空に乗ってみた。2時間ちょいのフライトなら快適!
お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。 成田空港から飛行機でウラジオストクへ向かう際… はじめて「オーロラ航空」を利用しました。 オーロラ航空の親会社は、なんと「アエロフロート・ロシア航空」 約5年前、チェコ・オーストリアを旅するときに、モスクワ経由で利用したときは… 遅延するし、日本語のできるCAさんいないし、エンターテインメント機能にも日本語ないし、食べ物は合わないし… なにより、CAさんが怖い印象。以前利用した際に、荷物棚の上から水滴が落ちて来て、CAさんに訴えたらめっちゃ怖い顔で怒鳴られたことがあり…(何を言ってるのかわからず) できれば二度と乗りたくないと思っていました。 オーロラ航空もそうじゃないんか?ってね 日本からウラジオストクの空港に就航しているのは、オーロラ航空とS7航空。預け入れ荷物の都合で、オーロラ航空のほうがお得そうだとわかったものの。 (そう、オーロラ航空とS7航空は、料金以外にも違いがあるんやで!) けっこうなトラウマになってて、「いっそウラジオストク行き自体をあきらめるか…」と悩んだものの。 背に腹は代えられぬと、利用を決意。 今度は、心地よい空の旅ができたのか? 乗り心地はもちろん、混み具合、機内の様子までしっかりレポートします。 座席:3×3 もちろん、エコノミークラスを利用しました(ビジネスや隣が空席のエリアもありますが、2時間ちょいだし…) やはり席は3×3。青い皮張りの。 とくに席に不備はなく、2時間ちょいなら身体も痛くならないレベルです。 設備に関しては、他のエアラインの短距離便(エコノミー)とさほど差はないです。 エンターテインメント機能:ない! 長時間のフライトに必要不可欠な、エンターテインメント機能(前座席のうしろについてる液晶モニター)。 ついてませんでした。 たしかモスクワ―チェコ・オーストリア便もそうだった。モスクワ―日本便にはついてたけど。