kajiyamashiori.info
カジヤマシオリが2019年、行きたい国6選。旅の予定は決まってないけど、ひたすら語る
お世話になります。ヨーロッパ女子ひとり旅専門家のカジヤマシオリ(@Kindermer)です。 2019年のいっぱつめは、去年の旅を振り返りながら、今年行きたい国について。 2018年、海外ではモルドバ・ウクライナ・韓国を訪れました。 いずれの国もじっくり滞在できて、魅力を存分に味わいました。 国内もたくさん旅したけど、ここでは割愛。 これまで、ヨーロッパは10か国 (イタリア、チェコ、オーストリア、イギリス、オランダ、ベルギー、ハンガリー、スロバキア、モルドバ、ウクライナ)+韓国を旅したけど… 行ったことがある国が増えるにつれ、興味を持つ国が増える。 もちろん「もう一度行きたい!」って感じる国もね。 2019年を迎える前に、いま「行ってみたい」国や「もう一度行きたい」国を、理由とともに紹介します。 いま「行ってみたい」国 まずは、まだ訪れたことのない国の中から… 「行ってみたい」と思う国を。 セルビア ここ3年くらい、ずっとセルビアに興味があります。 3年前、初めてのオンライン英会話レッスンで先生をしてくれたのがセルビア人女性で。 ケイティ・ペリー似の綺麗な人で、私のつたない英語を優しく、的確にリードしてくれました。 これまでに3人のセルビア人からレッスンを受けたことがあります。 セルビアには歴史の長い教会や豊かな自然があると教えてもらい、次第に「行ってみたい」と思うように。 ベオグラードはもちろん、先生の暮らすスボティカやノヴィ・サドにも行ってみたいですね。 大好きなハンガリーも隣だし、周辺の国とあわせて訪れたいかも。 ユーゴスラビア内戦のイメージもあってか「治安が悪そう」「怖い」という声を聞くこともあります。うちの父もそう言ってました(行ったことないどころか、セルビアの人と話したこともないくせに)。 私はそうは思えません。 先生はみんな明るくて、自分の国に誇りを持ってる。 このイメージを伝えると「私のことも怖いと思ってる?」って笑って茶化されたことも。 でも、内戦のことについて聞くのははばかられました。