junkotakijiri.com
創造力はいかに定義され、教育されるか―『納得の構造』 読んだ内容のまとめ | Junko Takijiri
渡辺雅子著 『納得の構造―日米初等教育に見る思考表現のスタイル』、書かれてある内容のまとめノート。 「納得の構造」とは、書く・語るなどものごとを理解する順番、つまりコミュニケーションの構造である。この本には、日米の小学5・6年生における作文教育、歴史教育、通知表を比較分析した結果がまとめられている。 出版は2004年。日米の他、2000年代にフランス、2018年現在はイランの研究を進めておられる。日米仏の研究論文は、オンラインで読むことができる( 『納得の構造』の抜粋も含む)。 「日・米・仏の国語教育を読み解く--「読み書き」の歴史社会学的考察」 本を読んだ上で考えたことは、長くなるので別記事へ。 創造力をいかに定義し、自己開発するか―『納得の構造』 読んで考えたことのまとめ ◆作文教育(いかに書くか) 基本の考え方 作文教育は、 日:共通の体験を通じて心の目を養うこと(p.80) 米:書く目的に応じた様式を選ぶ訓練(p.80) 手段 日: 「わたしの考え」「心に残った本」「わたしの調べたこと」などのテーマで、自由に書かせる(p.78) 気持ちが伝わるように詳しく状況を書く、という原則(p.77) 米: 自由であるためには、選択肢が必要。自由のために、教師は徹底的に規範を模倣させる(p.87) エッセイと呼ばれる小論文と、クリエイティブライティングと呼ばれる創造的作文の二つの型を教える(p.50) ものを書く時には書く目的があるように、それぞれの様式にも目的があると説明し、指導する(p.54) 説明や文章の順番 日:出来事を過去から順に説明する。時系列。主題を最後に置く傾向(p.11) 米:まず総括や一般主張を述べて、次に理由を述べる傾向。結果から過去に遡る。結論に対して最も直接的な原因のみを述べる(p.11) 評価 日: 教師は部分的によく書けているところを取り上げ、共感的な立場で評語を書く。作文の技術ではなく、児童の表現やそこに表れる気持ちへの共感を述べたコメントが多い(pp.75-76) 米: エッセイは、作文の構造が守られているか。初めに、何を言うのか明らかにする。次に、主張を擁護する3つの証明か事実を列挙する。最後に、初めとは異なる言いまわしで主張を繰り返す。